初めての賃貸マンション契約で不安にならないために

>

慌てて申し込みをせず、じっくりと内見を

人気物件の場合はすぐ申し込みを

審査に入る前に時間がかかってしまうと、人気物件の場合その間に物件が埋まってしまうことが多いです。
できれば内見時に提出できるようにしておきましょう。
その時の提出書類は、申し込み者本人と連帯保証人の両者の運転免許証やパスポート、保険証などの身分証と源泉徴収票や納税証明書等の収入証明などです。
源泉徴収票などは、会社によっては発行に時間がかかるかもしれませんので、早めに準備することを心がけるようにしましょう。
申し込みに記入する事項としては、入居者本人に関する基本的な情報や、勤務先についての事項も必要です。
基本的な情報とは、氏名・性別・生年月日等のことです。
他に、同居者についてや連帯保証人についての情報も同じように記入の必要があります。  

入居審査へ

入居審査とは、安定している支払い能力と、近隣住民や同じマンション内の住民とトラブルを起こす恐れがないかどうかを審査するというものです。
特に、入居者と連帯保証人の両者の支払い能力を見られます。
支払い能力についてですが、仕事をしている方については勤務先、年収、勤続年数を見られ、退職している方は年金受給額などにより判断をされます。
次に、規約内容を確認するために、詳細を契約前に重要事項説明を受けます。
しっかり把握ができていないと、後にトラブルになってしまうことがあります。
よく分からない事項がなくまるまで、きちんと質問をして説明を受け、理解するようにしましょう。
説明の後は、確認として「重要事項の説明を受け、理解をした」として、重要事項説明書に記名をし、押印をします。


この記事をシェアする